財前直見が離婚「家族としての生活を維持する事が困難になりました」

印刷

   女優の財前直見(46)が8月7日(2012年)、離婚したことを所属事務所のサイトで報告した。離婚の理由について「長年にわたり婚姻生活を続けておりましたが、北海道と九州の距離と、心の距離を、縮める事が出来ず、家族としての生活を維持する事が困難になりました。このため、未来に向かって、それぞれが別々の道を歩んで行く事にしました」と説明している。今後は「これからも子供の人生を一番に考え、仕事も精一杯頑張ります」という。

   財前は2003年7月にドラマ「スチュワーデス刑事」などを手がけたプロデューサーと結婚。2006年12月には長男が生まれたが、財前は実家のある大分に移り住み、夫は北海道勤務となったため別居生活が続いていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中