なでしこ金メダルのカギは「福元美穂」出場チーム最小のゴールキーパー

印刷

   金メダルを賭けたなでしこジャパンの最終決戦が、いよいよ日本時間のあす10日(2012年8月)未明に迫った。「とくだね!」は強敵アメリカ戦のポイントとなるゴールキーパーの福元美穂(28)にスポットを当てた。

   横っ跳び、倒れながらもボールは放さない。準決勝フランス戦ではスーパーセーブを連発し、シュート27本の猛攻によく耐えた。身長165センチは出場チームの全ゴールキーパーの中で最も低いそうだ。佐々木則夫監督は会見で「身体の小さな福元選手が神様に見えています」と語った。どこにその力が潜んでいるのか。

子どものころ「得意なのはドッジボール」でGKに決まり!

   福元は鹿児島県指宿市の出身。子どもの頃の福元を知るおばの福元すみこさんは、「保育園の徒競争で転んで、一番ビリからまた走って一番になった。それぐらい頑張り屋です。負けん気が強かった」と話す。サッカーを始めたのは小学校3年の時で、恩師の松下一志さんはこう言う。

tv142315_pho01.jpg
「もう男子と変わらない元気さでしたね。ゴールキーパーになったきっかっけは、誰がドッジボールうまいのと聞いたら、美穂ちゃんといったので、それでやってくれないかといったら、『ハイ』といってくれた。誰も教えないのに、結構、面白そうにしっかり捕っていた」

   成長するにつれ頭角を現し、高校時代のサイン帳には「世界一のゴールキーパーになる」と書いている。2008年の北京五輪には日本代表の一員として出場を果たした。だが、高いボールを処理できず、6試合で10失点を許した。けがも重なり、11年のW杯では正ゴールキーパーの座を後輩に奪われた。しかし、この経験が闘志に火を付け、猛練習に取り組み今回、成果が花開いたわけだ。

佐々木監督「あすのピッチは自分の最終章」

   アナウンサーの田中大貴が「ここで、きのう8日の佐々木監督の記者会見をもう1度聞いていただきたいのですが」と、佐々木の会見の映像を流す。そこで佐々木は「神様の福ちゃん、点を取ってお金を稼いでくれる大黒様の大儀見(優季)、主将の宮間(あや)様」と「佐々木節」で報道陣を笑わせが、最後に表情がガラッと変わってひと言、「あすのピッチで自分の最終章としての成果を出したい」と付け加えた。

   田中「ということは、佐々木監督が見られるのはこの試合が最後かもしれないというような空気になって会見は終わりました」

   司会の笠井「引退を賭けて監督しての」

   田中「可能性はありますね」

   その決戦、日本時間で10日午前3時45分キックオフだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中