「近いうち総選挙」前に野田・谷垣ダブル降ろし!?それぞれの党内事情

印刷

   「解散時期を示さなければ3党合意を破棄する」という自民党の脅しに野田首相が動いた。きのう8日(2012年8月)夜に行なわれた谷垣自民党総裁、山口公明党代表との3党首会談で、税と社会保障の一体改革法案早期成立と「近いうちに信を問う」ことで合意した。「近いうち」とはいつのことなのか。

「10月臨時国会で解散、11月投開票」

   谷垣氏「近い将来」と「近いうち」の違いを問われて、「みなさんの解釈に任せます。近いうちにということです」と逃げる。「自民と密約はあるのか」と聞かれた野田は「ありません」と不機嫌そうだ。

tv142319_pho01.jpg

   司会の羽鳥慎一「どうなってるんでしょうね」

   テレビ朝日政治部の山下達也は「10月の臨時国会で解散して、11月選挙という見方が有力になっている」という。日程を見ると、あす10日に消費税増税法案などが成立するとして、9月8日 の会期末までには解散なし。その後、21日に民主党、22日に公明党、23日に自民党の代表・総裁選が続く。したがって、解散はその後という読みだ。

   山下「代表・総裁選を経て、臨時国会で特例公債法案など懸案を片付ければ、解散せざるをえないだろうとの見方が強い」

   松尾貴史(タレント)「(最高裁が違憲状態としている)1票の格差なんかクリアできるんですか」

   山下「それは必ずクリアしないといけない」

   松尾「できるの?」

   山下「格差だけに絞ってという話もあるし、数か月の周知期間が必要というのもあるが、(国会が是正に)努力をしていれば今回の選挙は有効という見方もある」

民自とも「選挙の顔」になりにくい不人気トップ

   小松靖アナ「民主党議員はなるべく先がいいということでしょうね」

   山下「そうだが、これで流れができてしまうと、選挙の顔はだれがいいかということから、野田さんではダメだと代表選に対抗馬が出てくる可能性もある」

   小松「野田さんが代わると、野田さんの約束だからと、解散はなしということもありますか」

   山下「そこに民主党議員が乗ってくることもありうる。自民党も谷垣さんが解散をか ちとれなかったと、谷垣降ろしの可能性もある。もともとこの強硬策は、谷垣降ろしをねらう勢力の動きでもあるんです」

   司会の赤江珠緒が「先延ばしすれば、劣勢ではなくなるという見通しが(民主党に)あるのでしょうか」といいことをいう。山下は「見通しはない。あと1年(議員生命を)伸ばしたいということです」と話す。

   羽鳥「どうなんですか、この駆け引きは」

   玉川徹(テレ朝ディレクター)「増税に反対している人は半分くらいいる。はっきりしてるのは、民自公は次の選挙は増税政党になるということです」

   松尾「谷垣さんも野田さんも党内へのポーズですよ」

   輿石幹事長は「近いうちったって、ひとそれぞれ」なんて、水ぶっかけるようなことを言っていた。こういうことをやっている連中を「国会から追放するための選挙」ってのはどうかね。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中