中川翔子セミの抜け殻を頭に乗せ「残暑お見舞い申しあげマミタス」

印刷

   タレントの中川翔子が8月10日(2012年)のブログで、大量のセミの抜け殻を顔や頭に載せた自分の写真を公開した。このパフォーマンスは中川が夏に毎年やっているもので、「夏の風物詩 リクエストにおこたえして加工なしの高画質バージョンで残暑お見舞い申しあげマミタス」と複数の写真をアップしている。

   セミの抜け殻と中川の髪は色が似通っているため遠くから眺めると違和感はあまりないが、写真を拡大すると頭に隙間無く脱け殻が乗せられていることがわかる。その数は少なくとも70~80匹分はあるように見える。赤を基調とした服装とセミの脱け殻とのコントラストが強烈だ。

   ネットでは「流石に多すぎてグロイ」「予想以上にグロかった量がきつい」という声が上がっているが、このパフォーマンスを見慣れた人からは「しょこたんのセミみると夏だなぁって思う」と冷静な反応が出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中