奇天烈新人類を探せ!チョコレートが主食の仰天娘にオリラジ「ゲーッ」

印刷

なんだ君は!?TV(TBS系 8月6日深夜11時45分)> 思わず「なんだ君は!?」と言いたくなる奇天烈「新人類」に、芸人が取材に出かけるドキュメンタリータッチのバラエティである。過去数回の特番が人気を呼んで、この7月末(2012年)から深夜枠でレギュラー化した。出演はオードリー、オリエンタルラジオ、ハライチらだ。

麻婆豆腐に「ダース」「アルフォート」全量投入

   この日の放送は1日に1キロのチョコレートを食べる「チョコ姫」と、川崎駅前で歌い踊る不思議な男性「川崎のトシちゃん」の2本立てだった。チョコ姫は米の代わりに3食チョコレートを食べるというから、とんでもない巨漢を想像していたが、登場したのはスレンダーでお肌ピチピチのかわいらしい女性だった。本倉岡生夏(きなつ)と名乗り、仕事は駆け出しのグラビアアイドルという。オリラジが自宅を取材すると、冷蔵庫はもちろん、キャビネット、本棚、ベッドの脇といたる所からチョコレートが出てくる。さらに、目隠しをして利き酒ならぬ利きチョコをさせたところ正答率100%。たしかに、筋金入りのチョコ好きらしい。

   そんな彼女の夕食が凄い。オリラジの「無理してないの?」「それ、ボケじゃん!」というツッコミを軽くいなして、板チョコをスモークサーモンで巻き満面の笑みでパクリ。オリラジ・中田が麻婆豆腐にチョコレートの「ダース」(森永)と「アルフォート」(ブルボン)を全量投入するが、これまたおいしそうに平らげてしまう。チョコ姫はチョコレートを夕食だけで5箱完食するという離れ技を見せた。

   彼女にとってチョコレートは、デザートではなく米代わりの主食なのだ。熱帯夜に麻婆豆腐の中でどろどろに溶けたチョコレートを見るのは、視聴者的には厳しかったけど、その点は十分わかりました。でもね、本題のチョコはさておき、やたら露出の多い服を着ていたり、カメラ目線で舌ったらずな話し方だったりと、グラビアアイドルらしさをちょいちょい押し出してくるのが気になりました。自称グラビアアイドルの売名に番組が上手に使われたような気がしましたよ。

田原俊彦なりきり35年。御年63歳の「川崎のトシちゃん」

   次に登場した「川崎のトシちゃん」はもっと上手でした。視聴者から「トシちゃんを取材してほしい」という投稿ハガキがあり、オードリー・春日が取材に向かったが、トシちゃんというこの男性が実に怪しい。顔が田原俊彦に似ていることから、80年代アイドルになりきって35年、御年63歳という。ハガキにはファンが多いようなことが書かれていたが、この日のギャラリーはたった2人。どうもファンになりすまして、トシちゃん本人がハガキを書いたのではという疑惑が浮上する。春日にそのことを聞かれて、一瞬ギクッとしたトシちゃんだったが、「疑われるのならもうテレビには出ません!」と開き直る。しかし、春日は追及の手を緩めない。すると、「ファンの人に勧められて自分で書いた」とポロリ。なんと丸っきりの売り込みだったのでした。

   「すみません」と謝るトシちゃんに、「いえいえこちらこそ」と春日も笑顔を見せたところでVTRは終わってしまう。えっ、これで終わり? スタジオの芸人らも新人類の生態に全然迫れていないと不満たらたらで、このトシちゃんについては来週また追跡取材を放送することになった。

   あっという間の30分で、深夜番組らしく気楽に見られる番組ではあるのだけど、個性のある素人を見つけてきて芸人がいじるという番組はやたら多い気がして、新番組にもかかわらずインパクトは少ない。なんでも「田原総一朗のジャーナリズム精神にのっとった」がウリらしいが、もう少し掘り下げた内容であってほしい。とりあえず「川崎のトシちゃん」は続きが気になるので、次回も見ちゃおうかな。

バード

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中