女子バレー「韓国に完勝」眞鍋監督が仕掛けた3つの秘密作戦

印刷

   バレーボール女子3位決定戦で日本は韓国を3-0のストレートで破り悲願のメダルを獲得した。東京五輪で金メダル、その後も5大会連続でメダルを取っていたが、ソウル五輪以来メダルから見放されていた28年だった。

出場チーム中で最も低い身長どう跳ね返したか

   「ロンドンでこそメダルを!」を合言葉に結成されたのが「火の鳥NIPPON」を率いた眞鍋政義監督には、メダル獲得へ向けた3つの秘策があった。1つは「身長差に勝つ」。チームの平均身長は175センチで、今大会出場チームのなかで一番低い。3位決定戦で戦った韓国の182センチに比べ7センチも低い。この身長差はブロックで大きな不利になるが、この不利な部分をレシーブでフォローしようと、「スイス合宿ではサーブ、レシーブを集中して練習した。そして勝つためには拾って、拾って、拾いまくるしかないと…」(眞鍋)という。

やってくれた

   2つ目は「データバレー」。真鍋監督は試合中、片時も携帯端末を離さなかったが、この中には過去の試合や相手方選手の記録などのデータがごっしり詰まっていた。韓国戦ではこのデータを基に、レシーブの不得意な韓国選手への狙い撃ちが奏功した。3つ目は「韓国戦に強い迫田さおり(24)の起用」だ。この作戦が的中し、エース・木村沙織(25)を凌ぐジャンプ力が爆発した。

韓国大統領の「竹島上陸」に冷や水

   銅メダルには予期しなかったオマケがあった。コラムニストの勝谷誠彦が吠えまくる。「こんなことを言うのはオレだけだから言うけど、韓国大統領が日本の領土に不法入国するというとんでもないことをやりやがった。その後、男子サッカーと女子バレーの2試合があったわけだが、男子サッカーは、クソーッ。だけどちゃんと女子バレーボールがフォローしてくれた」

   李明博大統領はこの2試合を勝つと想定し、試合に絡めて竹島上陸を強行したとしか思えない。女子バレーの韓国戦勝利は胸のつかえ下げてくれたが、ただこの問題はこれから。上陸後に大統領は、警備隊員たちを前に「命をかけて守らねばならない」と強調したという。ならば、こちらもその覚悟が必要で、テレビ局が放映している韓流ドラマなどは即刻中止しないとなめられる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中