どうしちゃったの李明博大統領…今度は天皇謝罪要求!低支持率でヤケ?

印刷

   韓国の李明博大統領がおかしい。突然、竹島を訪問して「我が領土だ」とぶったあとも反日発言が続き、きのう14日(2012年8月)はとうとう天皇に謝罪をもとめる発言が飛び出した。これまで日本との関係は良かったはずだが、大統領にいったい何があったのか。

2008年には天皇訪韓を招請してたのに…

   問題発言は忠清北道・清原で開かれたセミナーで出た。 「(天皇が)韓国を訪問したいなら、独立運動で亡くなった方々に心から謝罪したらよいというのが私の願いだ」といい、さらに「『痛惜の念』という単語ひとつを使うためなら来る必要はない」とまでいった。

韓国国内の政治情勢

   この「痛惜の念」というのは、1990年の盧泰愚大統領の来日の時に出た言葉だ。天皇は「わが国によってもたらされたこの不幸な時期に、貴国の人々が味われた苦しみを思い、私は痛惜の念を禁じえません」と述べた。いずれ官僚の作文だろうが、ストレートな謝罪は避けている。終戦後ずっと繰り返されてきたやり取りのひとつだ。

   天皇への訪韓要請は、84年に来日した全斗煥大統領が最初だった。以来、要請は繰り返され、08年には李も直接天皇に要請していたはずだった。李は竹島に飛んだ10日、「命に代えても守らなければならない真のわが領土だ」といい、12日には竹島に飛んだ理由を「歴史問題に対する日本政府の対応があまりにも誠意がなかった」、さらに13日には日本政府を「国際社会での影響力は昔と同じではない」と話した。

   大方の韓国メディアは竹島について大統領を支持しており、この日の天皇訪韓発言にもソウル市民は「国民のひとりとして正しいことをいったと思うよ」という。

支持率17%。兄や側近が汚職逮捕。残り任期半年

   きょう8月15日は韓国では「日本からの解放」を祝う光復節だ。今年は竹島でも式典を行って、李の名前を刻んだ碑を立てる計画もある。また、韓流スターらがウルチンから竹島まで220キロを泳いで渡るイベントを開催中で、きょう午後にも到達予定という。

   大統領発言はこうした流れに乗ったものなのか。兄や側近が汚職で逮捕されるなどで、政権の支持率はいま17%と就任以来最低になっている。任期満了まで半年で続投もないという状況で、なぜいまかくも挑戦的になったのか。

   玄葉光一郎外相は「報道は聞いているが、話は一切聞いていません」と妙なコメント。おそらく判断のしようがないということなのだろう。司会の羽鳥慎一は「8月15日というのと、政治情勢があるんでしょうが」という。

   萩谷順(法政大学教授)は「20年前の『痛惜の念』という言葉をあげつらう、天皇が訪韓したいといってるわけでもないのに、『謝らなければ来なくていいよ』というのは、朝日新聞も書いてるけど、『元首としての品格』にかかわる。日本としては紳士としての対応でいい」

   が、だれからも声がでない。プロデューサーからの指示でもあったか。妙な沈黙でコーナーが終わった。変なの。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中