2018年 7月 23日 (月)

カツラにビキニ姿の口ひげ男が踊る「カーリー・レイ・ジェプセン」面白い?気持ち悪い?

印刷

   この夏、動画サイトのYouTube(ユーチューブ)で一大ブームを巻き起こしているのが、カナダの新進女性歌手、カーリー・レイ・ジェプセンのヒット曲「コール・ミー・メイビー」に合わせて「踊ってみた」動画だ。

   そこにこのたび、極めてキワモノの「踊ってみた」が加わり、これがスマッシュヒットを飛ばしている。「Call Me Maybe - Carly Rae Jepsen (Chatroulette Version) 」という動画で、投稿者はスティーブ・カーディナルと名乗る男性。これまでも歌関連のコメディー動画を数多くアップロードして、人気を博する人物だ。

これまでもガガやLMFAOのなりきり画像の有名人

   ニューヨーク市の地下鉄やタイムズスクエアなどで、レディー・ガガに扮して「ボーン・ディス・ウェイ」を踊ったり、ロサンゼルスのベニスビーチでLMFAOの「Sexy and I Know It」のセクシーなワークアウトを披露するなどしてきた。

   そんな彼が今回は黒髪のカツラを被り、カーリーに成りすました。しかし、似ているのは髪型ぐらいなもので、立派な口ひげをたくわえ、はち切れんばかりのビキニ姿で腰を振り踊りまくる。もっともカーリーばりに、カメラに近づいてキュートな表情を見せることは忘れない。

   新趣向は「チャットルーレット」なるサービスを使ったことだ。これは「ルーレット」の名の通り、ランダムな相手とビデオチャットができる仕組みだという。チャットでいきなり長髪、髭のビキニ男が現れ、「コール・ミー・メイビー」を踊り出したときのショックはいかばかりか。この動画では画面が2分割されていて、相手の反応も同時に見ることができる。しかめっ面の人、唖然とする人、「コールミー(電話して)」に、首を横に振る人、一緒に歌い出し、踊り出したり、爆笑する人あり。まさに十人十色だ。

ボンド柳生

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中