2018年 7月 16日 (月)

ホークス松中「小久保さんと僕は特別な関係で16年間色々な事がありました」

印刷

プロ野球ソフトバンク小久保裕紀(40)が今季限りでの引退を表明したこと受けて、同じチームの松中信彦(38)が8月15日(2012年)のブログで小久保への思いを語った。
「僕がホークスに入団した時から、小久保さんを追い越す事を目標に必死にプレーしてきました。今の僕があるのも、小久保さんという存在がいてくれたからだと思います」「小久保さんと僕は特別な関係で、16年間色々な事がありました」

   報道を知ってから小久保に直接あいさつに行ったところ、すっきりした表情で明るく引退の報告を受けたという。松中は本当に寂しい気持ちだが、シーズンが終わったわけではないため「お疲れ様でした」という言葉はシーズン終了後に伝えるつもりだと書いている。

「シーズンも終盤ですが、若い時のように小久保さんと2人でなんとかチームを引っ張って行く事が出来るように頑張りたいと思います。それがこれからホークスを引っ張っていく後輩たちやファンの皆様の為になると思っています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中