白菜浅漬けでO-157感染!予防は「流水で洗う」…漬け物を洗うの!?

印刷

   病原性大腸菌O-157による大規模食中毒がまたしても発生。北海道の高齢者施設の入所者ら2人が死亡、98人が食中毒症状になったという。昨年(2011年)は焼肉店の生肉によるO-157大規模食中毒があり、大きな社会問題となった。

   「感染源は食肉というイメージがある方、多いと思いますが」と進行の井上貴博アナが言う。しかし、今回は白菜の浅漬が原因と特定されたというのである。牛などの動物の体内やふんに見られるというO157とお野菜は一見縁遠い間柄のようだが、この菌がさまざまな経路で野菜に入り込む可能性はあり、野菜も決してO-157フリーな食べ物ではない。

塩分濃度低く死滅しない菌

   専門家によれば、今回はO-157に汚染された牛のふんを堆肥に使うなどして、白菜に入り込んだことが考えられるという。また、浅漬け特有のリスクというものもあるようだ。「朝ズバッ!」によれば、O-157は塩分、塩素、熱に弱いが、浅漬けは塩分濃度が低くO-157が死滅しない。浅漬を洗わないで食べることも要因(浅漬けを洗って食べる人はいるのだろうか?)だという。実際、過去にも浅漬けが原因と疑われるO-157中毒が発生しているそうだ。

   生野菜のO-157対策については、流水で洗う、水道水に衝ける、手をこまめに洗うなどが推奨されるとのことだが、もし今後もO-157野菜の食中毒が続けば、生肉だけではなく、生野菜や浅漬けも禁止されるかも?

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中