「五輪東京招致」盛り上がらない3つの理由―IOC調査でも支持最低

印刷

   きのう20日(2012年8月)、東京・銀座通りのロンドン五輪メダリスト凱旋パレードに約50万人が詰めかけた。沿道は隙間のないぐらい人で埋まり、大変な熱気に包まれた。この熱気と感動が2020年の東京五輪開催につながるかどうか、スタジオでは意見が分かれた。

メダリスト凱旋パレードは大賑わいだったけれど…

   「感動をありがとう」とファンが叫べば、選手たちも「ありがとう!」と興奮して手を振る。わずか1キロのパレードだったが、前日から並んだ人、大阪や新潟から来た人、ビルの上の診療所からのぞく白衣の先生、美容院でやりかけの頭のまま窓に駆け寄るおばさん…。真夏の熱狂の20分間だった。この人出を当て込んで、300万円の金メダル福袋を売り出した店もあった。

僕は積極派

   司会の小倉智昭が国際ジャーナリストの竹田圭吾に、「このパレード、どう思いますか」と聞くと、お堅いイメージの竹田が「ぼくも見に行っていたのですが」と答えたので一同「えーっ」と驚きの声。「午前10時ぐらいに行きました。15メートルくらい離れていましたが、バスが2階建てなのでよく見えました」

   小倉「1時間前から行くなんて、竹田さんらしくないよね。(夏休み中のアナウンサー)笠井(信輔)君が行くのはわかるが」

「予算がかかる」「被災地の復興を優先すべき」「混雑が予想される」

   パレードのバスは4台に選手が乗って、5台目のJOCのバスはオリンピックの招致を呼び掛けていた。ロンドン五輪前のIOCの調査によると、「五輪開催を支持するかどうか」についての地元へのアンケートで、2020年の候補地3都市のうち、スペインのマドリードは78%、トルコのイスタンブールは73%が支持で、東京は47%だった。「とくダネ!」がロンドン五輪終了後に関東地方の10代から60代の男女1000人に調査したところ、東京開催に「賛成」55・1%、「反対」17・6%、「どちらでもない」が27・3%だった。反対の理由は(1)予算がかかる(2)被災地の復興を優先すべき(3)混雑が予想されるなどだ。

   小倉「竹田さんはどうですか」

   竹田「ぼくはあまり積極的には賛成ではありません。日本や東京にいいことがあるというだけでなく、東京でやることは世界全体のために意味があるんだということをもっとアピールするべきだと思います」

   女優・歌手の菊池桃子は「メリット、デメリットの材料をもっと出してほしい」

   司会の菊川怜「じかに見たいという気持ちもありますが、反対の理由を見ると、もっと吟味した方がいいのかなと思いました」

   小倉「ぼくは積極的な賛成派なんですが、最近のオリンピックを全部この目で見て、東京オリンピックの時は聖火を持って走った。オリンピックをじかに見るのがどんなに素晴らしいか、若い人たちに見せてあげたいのです」

   2020年の開催地が決まるのは来年(2013年)9月だ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中