オリンピック終わってNHK大河「平清盛」視聴率ふたケタ…今週末がまた怖い

印刷

   ロンドンオリンピックのあおりを受けて、女子マラソンと被った8月5日(2012年)の放送は視聴率7・8%と過去最悪、8月12日の男子マラソンの時は異例の休止と、すっかりマイナー扱いになっていたNHK大河ドラマ「平清盛」が、19日の放送でようやく2ケタに戻った。戻ったといっても10・7%とこれまでの放送の中で下から4番目だから、「視聴率回復」というにはほど遠い。

   「オリンピック中は視聴率が悪くてもなんとか言い訳ができたが、もうそれもできませんからね。ところが、26日の放送は日テレ系の『24時間テレビ』のクライマックスであるマラソンゴールとぶつかるんですよ。清盛の関係者は再びひとケタの恐怖におののいているんじゃないですか」(民放テレビ・ドラマプロデューサー)

   番組関係者がツイートで視聴者引き込みに懸命だが、あまり効果を上げているようには見えない。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中