ソニンNYで1年演劇研修「新たな道に進んでいくターニングポイントになる」

印刷

   歌手で女優のソニンが8月21日(2012年)、12月末からニューヨークへ演劇留学に行くことになったとブログで報告した。文化庁の新進芸術家海外研修制度の研修員としてニューヨークに1年間滞在するという。この制度は芸術家に海外で研修する機会を与えるもので、過去には演出家の野田秀樹や狂言師の野村萬斎も利用している。

   演劇の枠が少なく、これまでのキャリアを考慮すると「正直わたしには選ばれるのは難しい」と思っていたが、「芸術面で何か掴み取り新たに前に進みたい気持ちは人一倍」あったという。

   研修員としてニューヨークに行くにあたって「何をしてこれるのか学び取れてくるのか、保証はありません。特に、今回のこの制度の一年だけで何が変わるのか予想もつきません」としつつも、「私の人生、新たな道に進んでいくターニングポイントになることは、今の時点でわかっています。『見えないけどそこに果敢に進んでいく』ということを恐れていれば、何も始まらないから」と意気込みを語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中