山本美香さん伝えたかった「戦場の人びと」戦闘ではなく戦争を取材したい

印刷

   シリアで銃撃戦に巻き込まれ死亡した「ジャパン・プレス」の山本美香記者が、その直前に取材する姿を映した映像が流れた。上司の佐藤和孝さんやカメラマンと一緒に、山本さんがシリアに隣接するトルコのキリスに入ったのは8月14日(2012年)だった。16日には空爆を受けたシリアのアザーズに取材に出かけ、空爆を逃れてオリーブ畑の木の下で暮らす家族を撮影した。

   そのあと一旦トルコに戻り、20日に反政府派に先導され車で最激戦地といわれるシリア北部のアレッポ市内に入った。

最後の映像には子どもたちや女性たちの姿

   山本さんはアレッポに向かう車の中で、取材の目的をこう語っていた。「これから前線に向かいます。たったいま空爆を受けたところで、3発の爆弾が落とされたというので、そこへ向かいます。かなり被害があるということなので、そこを取材します」

   山本さんが撮影した街の映像には、子どもたちも手伝って道路封鎖が行われ、それを見ようとアパートのベランダには女性や子どもたちの姿があった。その時、突然、銃声音がして山本さんのカメラの映像が動かなくなり、激しい怒鳴り声が入った。

   その時、近くにいた佐藤は次のように語った。「われわれが撮影や取材をしていると、前から10数人の迷彩服を着た一団がやってきたのが目に入った。同じ迷彩服なので反政府派の自由シリア軍と認識してカメラを向けた。 そのとき一番先頭に立っている男がヘルメットをかぶっていたのを見て、政府軍だと思い『逃げろ』と声をかけたと思う。その瞬間、向こう側の乱射が始まり、バラバラになって逃げた」

「記録して外の世界に出さなければならない。だから私は戦場に向かう」

   山本さんの実家では、父親が佐藤さんからの電話連絡を受け、「死因は?言ってよ」。しばらく俯いたまま電話に聞き入っていた父親から出た言葉は、「首を撃たれた」。父親は涙を流しながら、「わかった。認めざるを得ない。早く会わせてくれよ。早く会わせてください。佐藤さん頼むよ」

   山本をよく知るジャーナリストの常岡浩介氏は、山本さんのことをこう語った。「ほとんど唯一最前線まで行く女性記者でありながら、本当に危ないところまで踏み込んで行く。『戦闘を取材したいのではない。戦争を取材したいのだ』とよく言っていた」

   最後に、山本さんが書いた本(『中継されなかったバクダッド』)から次の一文を紹介する。「私たちジャーナリストは死ぬために戦場を目指してはいない。誰かがそこへ行って目撃しなければならないし証拠を残していかなければならない。記録して外の世界に出さなければならない。だから私は戦場に向かう」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中