柔道「銀」平岡拓晃 計量直前に体重オーバー!ガム噛んでオシッコしてセーフ

印刷

   1回戦で敗退した北京五輪の雪辱を果たすため、3年間「揚げもの断ち」、結婚式もやらず励んだ結果の銀メダルだった。柔道60キロ級の平岡拓晃(27)が「スッキリ!!」に生出演し、日本人選手のメダル第1号として銀メダル獲得したときの嬉しさを語った。

北京五輪の雪辱晴らすため「揚げ物断ち」と結婚式棚上げ

   司会の加藤浩次が「反響はどうでした?」と聞くと、こんな答えが返ってきた。「金メダルを目指してやってきたし、僕はチームの皆に『流れをつくる』『金メダルを取ってくる』と言っていたので、(決勝で)負けてしまったのが悔しくて…。悔しい思いもあったが、すごく褒められて、ちょっと救われましたね」

   ところが、試合直前にとんでもないハプニングがあった。試合15分前の計量オーバーだ。「試合当日は朝6時半から本計量があるんです。その時、体重が60キロを切っていないと、オーバーで一発失格です。本計量の前に仮計量があり、何回計ってもいいんですが、15分前に測ったら100グラムのオーバーだったんです。やばいなと思って、そっとコーチに言ったら、『落ち着け。ガムを噛んで唾を出し歩いて汗を出せ。最後にオシッコに行け』といわれました。その通りやったら10分ぐらいで100グラムを落とせた。危なかったですよ」

「帰国してからはトンカツ食べまくり、ビールもガバガバ」

   キャスターのテリー伊藤「失格だったら北京より恥ずかしいですよ。日本には帰ってこられなかったですよ」

   加藤「ここに入れないですね。ある意味でいたのかもしれないけど…」

   そんなハプニングも今は笑い話だが、この減量には苦しんだらしい。「ボクは減量がきついほうなので、3年間『揚げもの断ち』してました。揚げたものは一切食べなかった。帰国して最初に食べたのがトンカツ。感動しました。それからガンガン食べ、ビールも飲みましたらパンパンに太っちゃった。きのうは風呂に入って減量してきました」

   女優だった妻とは、雪辱を果たすまではとまだ結婚式を挙げていない。平岡は「妻にはそれらしいことをちらっと言いましたが、結婚式を挙げようと思っています。その時はテリーさん来て下さい」と正式表明した。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中