スガシカオ「ライブ映像を自分でチェック。ヘタレ加減に、落ち込む・・・」

印刷

   自身で新たにレーベルを立ち上げたミュージシャンのスガシカオが8月22日(2012年)、通常はマネージャーが行う業務を自分でしているとブログで明かした。

   フェスやライブのときに収録したテレビ放送用の映像をチェックする作業は、「普通マネージャの仕事なんだけど、いまおれにはそうゆうことをやってくれる人がいません(契約・交渉や実務を整理するマネージャはいますが…)」と全部スガがやっているという。映像チェック作業の内容は「歌詞間違えたり、音程はずれちゃったり、変な顔で歌ってたりw、不適切な発言があったりww、そうゆうのを一応チェックして、OKテイクを主催者に伝える」というもので、映像を見ていると「あまりの自分のステージのヘタレ加減に、落ち込む・・・」のだという。

「あぁ・・・あんなにうまくいったと思っていたのに・・・・ヘタレなおれが、コソコソとステージを這いつくばっている・・・。」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中