宇多田ヒカル「フォロワーさんの数が100万人を突破。なんて骨体、ありがタマキン」

印刷

   宇多田ヒカルが8月22日(2012年)、ツイッターのフォロワー数が100万人を突破したことを報告した。

「なんということでしょう…フォロワーさんの数が100万人を突破いたしました…!なんて骨体、ありがタマキン」

   「なんて骨体、ありがタマキン」とは「茶魔語」で、小林よしのりのマンガ「おぼっちゃまくん」の主人公・御坊茶魔が使う言葉だ。宇多田は「深夜ということもあって、感謝の気持ちを込めて身を削った茶魔語ツイートをしてみました。明日の朝一番でアレを見る方も沢山いらっしゃるであろうことを思うとちょっと明日からどう生きて行けばいいのかわからないです」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中