ダルビッシュ太ももの張りで登板中止「大事を取っただけですのでご心配なく」

印刷

   レンジャーズのダルビッシュ有投手(26)が右太ももの張りを訴え、8月24日(2012年)に予定していたツインズ戦の登板が取りやめになった。ツイッターには心配するファンの声が寄せられ、「全然大丈夫なんですが、大事を取っただけですので、ご心配なく」と話している。投球フォームの調整が影響したのではないかという質問には「全く関係ないです」と否定した。

   「地面が硬いから、ランニングで足腰を鍛えた方が良い様な」というツイートが届くと、ダルビッシュは「昔からこの『足腰』って表現がわからないし、鍛えたから具体的にどうなるかがわからない。そしてその効果も興味に値しないですね」と説明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中