2018年 5月 24日 (木)

鈴木福クン「科学技術館」で夏休み自由研究―空気砲である大疑問!

印刷

   夏休みも終盤に入り子どもたちは宿題の追い込みに大わらわだろう。そこで自由研究の参考にというのか、大竹真アナがタレントの鈴木福くんと東京・科学技術館を訪れ科学実験に挑んだ。福くんが大はしゃぎで取り組んだのは空気砲の実験だった。

段ボール箱の中の煙「穴が三角だったら出てくる形は?」

   段ボール箱の中に煙を集め、1か所だけ丸い穴を開けて箱を叩くとどんな形で煙が出てくるか。福くんがやってみると、ドーナッツ型の煙になって出てきた。ここで、福くんは三角形の穴をにしたらどんな形になるのか疑問をもった。大竹がこの疑問をスタジオに持ち込み、「どういう形になるか皆さんで考えてください」出演者に出題し、回答をフリップに書かせた。

やっぱり三角

   はるな愛(タレント)と司会の石田エレーヌは「三角形」、八代英樹(国際弁護士)は「丸」、司会の加藤浩次は「犬」、キャスターのテリー伊藤は「骸骨」の絵だった。

   答えは「三角と逆三角を繰り返し最後は丸」だった。加藤が「八代さんは偉そうに丸にしましたが、三角になるところまではわからなかった」と茶化すと、八代は「最後にどんな形になるかという問題ですよね。丸ですよね」とめげない。

   加藤「このおじさん冷める~」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中