いとうあさこ「死を覚悟した辛い仕事」真冬の海に入ってかき氷

印刷

中居正広の怪しい噂の集まる図書館(テレビ朝日系8月21日深夜11時15分>SMAPの中居正広をMCに、巷で話題になっている都市伝説や噂の真相をジャッジアドバイザーと呼ばれるゲストと一緒に真実かどうか審議する番組である。

   この日のジャッジアドバイザーは、東貴博、アンジャッシュ、いとうあさこ、西川史子、益若つばさ、キスマイの玉森裕太、ゲストは持田香織というメンバーで、「多数決オファー無茶なお願い、事務所がOKするのはどっち?」と題し、「すっぴんを公開するのはどっち」という対決を多数決で審議することに。新婚ラブラブ対決ということで福田萌と磯野貴理子が登場し、結局、福田萌がすっぴんを披露。普段とまったく変わらない福田に、スタジオ全員「うそだー!」の声。磯野貴理子は事務所がすっぴんはあまりにもお見せできないので断固NGだそうだった。

中居正広はちいさな島にパラシュート降下「あれは怖かった」

   「今まででもっとも辛かった仕事」の話も盛り上がった。いとうあさこは真冬の海で夏を演出しろと言われ、極寒の海に入りかき氷を食べたという。あまりに過激な内容に死の恐怖すら感じ、撮影前に友人とお別れもかねた食事をしたという。

   中居はちいさな島の狭い場所にパラシュートで着陸させられた経験があって、あれが一番怖かったそうだ。

PEKO

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中