「高校生ダンス甲子園」人見知りの制服2人組―踊りになったらこれが一変

印刷

   日本テレビ系の「24時間テレビ」で「高校生ダンス甲子園」なんていうのがあった。359組、1347人の応募があり、勝ち抜いて6組が決勝戦で技を競った。

   「スッキリ!!」キャスターのテリー伊藤がその会場に出かけていた。「今年はすごい。ちょっとうますぎますよ。レベルが高い」とべた褒めだった。

優勝は愛知「Barn Beat」…次は大学決めないと

   東京の4人メンバー「SYMPHONY」による「豹変!仮面舞踏会」の見せ場は、仮面が瞬時に入れ替わるところで、京劇とラップをミックスしたようなダンスだった。東京都立清瀬高校の「ハイパークラッシュガール」は、人前に出るのが苦手というオタクが、知らずにダンス会場に紛れ込んでしまったような制服姿の2人組だった。

レベル高い

   司会者に「ダンスやっているんだよね」と聞かれて「ハイ」、「体操は苦手なんだって」には「できないです」。これもパフォーマンスで、ダンスが始まると一変した。取材していたリポーターの西村綾子が「いやだ~、本当に人見知りですかね」

   幼馴染で10年間2人でダンスをしてきたという愛知県の2人組「Barn Beat」は、呼吸がピッタリ合った切れの良いダンスを披露していた。視聴者の投票の結果、優勝したのはこの「Barn Beat」で、「この先どうするの」という質問に「大学を決めることです」

   テリー「日大だったらオレが言っとくから」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中