猫背が原因だった!ポッコリお腹、垂れ下がりバスト、肩こり、腰痛、頭痛…

印刷

   「私は猫背」を自負する中谷文彦アナが、「このテーマは私しかない」と伝えたのは「猫背は万病のもと」だ。肩こり、腰痛、手足のしびれ、頭痛、ポッコリ出たお腹、垂れ下がったバスト、胃のもたれ…。これすべて猫背が原因かもしれない。まずは、あなたは猫背かどうかのセルフチェックだ。

「写真を撮られる時に顎を引いて」と言われたことありませんか?

   自分も猫背だというゲストの六角精児(俳優)が、立ち姿勢をチェックされる。スタジオにセットされた垂直の板にふくらはぎ、尻、背中、後頭部を接するようにぴんと立たされると、「これ、かなり苦しいです」。たしかにむりやり吊り下げられているような無様な格好だ。北里大医学部整形外科の井上玄医師は「これが正しい立ち方なのですが、普段から猫背の人はかなり苦しいはずです」という。

   猫背かどうかをセルフチェックするポイントは次の6つ。「写真を撮られる時顎を引いてと言われる」「ソファーの背もたれに寄りかかる」「足を組む」「スマートホンなどよくやる」「子どもを抱っこすることが多い」「ハイヒールをよく履く」で、このうちひとつでも当てはまれば要注意、多くの項目が当てはままれば背骨が曲がりつつある。

   黒川奈保美さんは肩こり、首こり、頭痛に悩まされているため、北里大学の高平尚伸教授の計測(首から肩の僧帽筋の波形チェック)に参加した。すると、いつもの猫背姿勢と正しい姿勢で波形に大きな違いが出た。「猫背姿勢だと疲労物質や発痛物質など痛みを誘発する物質などが溜まるので、頭痛に繋がりやすくなるんです」(高平尚伸教授)

矯正体操でウエスト・ヒップ細くなり、バストが膨らんだ

   早稲田大学の碓田琢磨さんが猫背姿勢の体操を紹介した。「腰かけたまま、お尻の後ろで手のひらが上を向くようにして指を組んで、次に胸をいっぱいに開きます。肩甲骨が寄ってシワができるまで寄せる。そして、鼻から息を吸って口から吐く時に、頭を後に倒してアゴを上にあげる。同時に手は下の方向に引っ張り合う。1、2、3と静かに呼吸して元に戻します。これを10回繰り返します」

   黒川さんはこの体操を1日20回、1週間続けて驚いた。「バストがプラス1・9センチ、ウエストがマイナス3・3センチ、ピップがマイナス1・6センチになりました。肩こりも頭痛もなくなって、ホント1石2鳥でした」

   日本人のほとんどが猫背というから、この体操はおすすめだ。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中