東京から1時間半で見渡す限りラベンダー畑!途中に寄りたい人気ナンバー1道の駅

印刷

   <もしもツアーズ(フジテレビ系8月18日よる6時30分)>あき竹城さんと群馬大使をやっている井森美幸さんが、夏の終わりの群馬をご案内です。まず向かったのは道の駅・川場田園プラザ。道の駅といいながら広さは東京ドーム2個分、全国に450ある道の駅の中でもランキング1位の人気を誇ります。ただ食事やお土産だけではなく、陶芸や木工を楽しむことができる体験工房や場内を走るSLなど、まるでテーマパークのような道の駅なのです。

世界食肉コンテスト金賞のソーセージ盛り合わせ

   お食事どころ「あかくら」でいただいた「冷やしおきりこみ」は、うどんのような、ほうとうのようなものでした。6種類の群馬県産の野菜、上州豚が乗り、麺がもっちもちでのど越し抜群。夏にツルっとたまらない感じです。

   エリアの中の橋の上からは名物の田んぼアートが見えます。田んぼの稲がきれいに刈り込まれて、SLの模様に模られています。その先を本物のSLが煙を吹いて走っていきます。もちろん乗車もできますし、さらにさらに運転席に乗れるのです!

   もしツアメンバーでこの席をゲットしたのははんにゃ金田さんでした。運転席では石炭をくべる様子を間近で見ることができます。汽笛も鳴らせるサービス付きで車窓も抜群、とても道の駅の中とは思えません。

   この道の駅では、世界食肉コンテストで金賞を受賞したお店「肉の殿堂ミート工房かわば」があって、下仁田豚をミンチにしてスモークしたソーセージをはじめ、いろんな種類のソーセージの盛り合わせ「山賊焼き」が一人前500円と安い!ビールにあいそうです。

北海道に行かなくても標高1300メートルの高原に咲き誇る5万株

   もうお腹いっぱーーい。でも、群馬の旅のメーンであるラベンダー畑へ向かいましょう。沼田市の玉原高原はラベンダーだけでなく、100種類、3万本もの花を楽しむことができます。エントランスガーデンでお花を楽しんだ後は、リフトに乗って標高1300メートルのラベンダー畑へ。5万株のラベンダーが目の前に広がっています。見渡す限りのラベンダー。

   ここで豆知識! ラベンダーはお花ではなく木の仲間なんです。でもしっかりと花言葉は持っていて、「あなたを待っています」だって。ラベンダーの香りは花びらの部分からではなく、幹の下の部分から香ってくるのだそうです。500円でラベンダーの花摘み体験もできちゃいます!

   ラベンダーといえば北海道・富良野と思っていたら、東京からわずか1時間半の場所で楽しめちゃうんですね。きっとラベンダーときれいなお花たちが「あなたを待っています」

 (よりとも)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中