楽太郎の親バカ…ひと山ナンボの芸能界2世「お坊ちゃま」「お姫様」自慢も大概にしろ!

印刷

「ウチくる!?」(フジテレビ)2012年8月26日12時~

   あっちもこっちも2世2世、テレビはどこも2世の大安売りだ。この日の「ウチくる!?」も2世タレントSP。円楽の息子で声優&落語家の会一太郎、多岐川裕美の娘で女優の多岐川華子、コロッケの娘でシンガーのMADOKAの、ピンで扱うには弱過ぎるからまとめてやってしまおうという3人がゲストだった。
   今回は「2世タレントがオススメする家族で通う自慢のお店巡り」というテーマだったのだが、子供の頃からの行きつけの店が銀座の高級しゃぶしゃぶ屋だったり、割烹料理屋だったり。楽太郎の息子などは銀座に行くと親父のツケでしゃぶしゃぶを食べたとか、小4の時に50万円のパソコンを買って貰ったとか。話を聞く限り、楽太郎はああみえてかなりのバカ親のよう。
   多岐川裕美の娘は、飛行機はファーストクラスしか乗ったことがなかったが、仕事を始めてエコノミーに乗るようになり、普通の生活を知ることが出来て良かったと何様だい発言。3歳の時に「女優に頼るのはやめよう。母なんだけど女優なんだこの人は」と悟ったという。でも女優ってそんなにご立派なのかなあ。そんな母の教えは「貯金と女友達は逃げない」「結婚しても子供は3年以内作るな」「結婚しても貯金をしろ」というもので、さすが浮き草稼業であることを心得ている。
   それにしても、2世タレントが多過ぎる。2世ならなんでもありの風潮に異議あり、だ。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中