園山真希絵経営の料理店閉店「最高のお客様とスタッフのままで有終の美」

印刷

   料理研究家でタレントの園山真希絵(34)が経営する家庭料理割烹「園山」を2013年2月28日で閉店することがわかった。8月27日(2012年)のフェイスブックで明らかにした。

   店は東京・恵比寿の木造2階建ての家を改装して、2006年6月6日に開店した。8月中に契約を更新するかを不動産会社に伝える必要があったが、「ふと、自分の人生のテーマに、『更新』という文字が見当たらなかったことに気づいた」といい、「最高のお客様と、最高のスタッフのままで有終の美を飾りたいと思い、誰にも相談せず、即、契約解約届を大家さんに送りました」と閉店を決めるまでの経緯を説明した。

   今後については未定で、「店を閉めた半年後のことは1ミリも考えてませんが、私の場合、だいたい直前に何かが舞い降りてくるので、その時をハラハラワクワクしながら待ちます」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中