みのもんたパラリンピック開会式「1人放送」観客席から家庭用ビデオで撮影!?

印刷

   ロンドン五輪の閉幕から2週間経って、今度はパラリンピックが開幕した。障害者スポーツを応援する「朝ズバッ!」司会のみのもんたは、先週金曜(2012年8月24日)の番組終了後、スタッフの拍手に見送られつつ、スタジオを小走りで去り、ロンドンに向かったという。「これから24時間テレビのマラソンがはじまるのかという勢い、気合い」(井上貴博アナ)だったそうである。

満月の隣から聖火が下りてきた

   けさ30日は現地から、みの一人の「生報告」が行われた。隣にサポートしてくれるアナウンサーは見あたらず、開会式の映像は観客席から家庭用ビデオカメラで撮ったようなもので、24時間マラソンと比べるとずいぶん貧弱な感じではある。

演出にビックリ
  

   みのによれば、開会式前は小雨がぱらついていたが、式がはじまると同時に回復し、空にはほぼ満月も見えていたという。「そのお月様の隣から、聖火が下りてきたんですよ。この演出にはビックリしました」

   これだけではなんのことやらよくわからない。まあちょいとネットで調べれば、開会式の動画ぐらい見つかるだろうから、とりあえず見ておくかと思ったところが、オリンピックのそれとは異なり、まるでお宝探しのように難しい。発見は断念した。

   なお大会は9月9日まで、503種目が行われるという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中