2018年 7月 23日 (月)

冷蔵庫に眠っているドレッシング使い切り裏ワザ~ダブル掛けで新テイスト

印刷

   どこの家の冷蔵庫にも、賞味期限切れや期限切れ間近のドレッシングがあるんじゃないか。有働由美子キャスターなどは「家には6本位あるよ。ゴマ味買って、青ジソも。それにどんどん新しいドレッシングが出て」と変な自慢をはじめた。松田利仁亜アナによる、ドレッシングはいま600種類以上あって、ドレッシング市場に異変が起きているという。どういうことか―。

賞味期限内に使い切れない第1位

   街行く主婦にドレッシングの使い方を聞くと、「ポークピカタに青ジソのドレッシング。お肉にも掛けます」「鱈などのホイル焼きにイタリアンドレッシングをかけて、美味しいですよ」。そう、ドレッシングがサラダに掛けるだけじゃなくて、調味料として使われているのだ。ドレッシングメーカーの大野順子さんは、「たとえば、ちらし寿司の味付けには和風醤油ドレッシング。オニオンドレッシングを煮物に入れるなど、万能調味料なんです」と力を込める。

   松田アナ「ただ、賞味期間内で使い切れないものの第1位がドレッシング(2位に調味料、3位に小麦粉パン粉)なんです。そこで、冷蔵庫で埋もれているドレッシング類をどうするのか。達人に聞いてみました」

ポテトサラダは青ジソで下味付けゴマドレでコク

   兵庫県・神戸市の食材メーカーの早瀬達秋さんは、30年間で3000種類のドレッシングを考案した。松田アナはコンビニで買ってきたカット野菜サラダを取り出して、「これに合うオリジナルのドレッシング作ってください」と頼むと、早瀬さんはニンニクと玉ネギ、アンチョビとシャンパンビネガーでチャチャっと作りサラダに掛けた。「美味い~」と松田アナ。ポイントはドレッシングのダブル使いだという。

   早瀬「ポテトと他の野菜のサラダなら、まず茹で上がりのポテトに青ジソドレッシングで下味を付けます。ポテトが冷めてからゴマドレッシングを掛けると、マヨネーズ以上のコクが出ます。コツはサッパリ系を最初に使い、次にコッテリ系を使う事ね」

   井ノ原快彦キャスター「そーめんの食べ方のバリエーションがなくなって、めん汁と胡麻ドレとで食べたのが凄く美味しかったんだ」

   うん、いけそうだ。

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中