山本美香記者の違和感!「戦場」で他国の女が笑顔見せながら撮影という非常識

印刷

「週刊ニュース深読み」(NHK総合) 2012年8月25日8時15分~

   20日にシリア北部のアレッポで銃撃されて死亡したジャパンプレスの山本美香記者の事件を取り上げた。丁度死亡する寸前の映像が映っていて、直前まで、民家のベランダにいる女子供の様子や、路上で父親らしき男性に抱かれている赤ん坊に「かわいい」と日本語で呟いている。本人は危険を察知していなかったのに違いない。
   死者に鞭打つ気は毛頭ない。女だてらに内戦の最前線にまで「報道」が目的で出かける勇気は、凡人には理解できないが、立派なことなのだろう。しかし、この日の伝え方も他のメディアの伝え方~例えば某紙の見出し、『優しいまなざし失わす゛山本さん最後のリポート』などを読むと、ちょっと違うのでないかと違和感がある。
   中東の国の、対立する2派が完全武装して一触即発の戦争状態にある最前線で、そうでなくても目立つ他国の女が、いかに武装した男たちの後に続いたとはいえ、丸腰で赤ちゃんに笑顔を見せながら歩くとは非常識極まりない。想像力欠如、戦争の何たるかがわかっていない。結果は自己責任である。ピュリッツァー賞狙いかと勘繰りたくなる。同行の佐藤某とは男女の仲だそうだし何がジャーナリストだ。元朝日社員の父親が自分の娘について「素晴らしい素晴らしいジャーナリストでした」と絶賛したのにも呆れた。筆者の親なら間違いなく、「多くの方にご迷惑をかけ、お騒がせして申し訳ありませんでした」と謝ったはずである。この親にしてこの子ありだ。

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中