「福島の人は結婚しない方がいい。奇形率上がる」著名な大先生がトンデモ発言

印刷

   福島市議会の佐藤一好議員らがおととい29日(2012年8月)に会見して、先月9日に福島で行なわれた地方議員らの「政策塾」で講演した公益財団法人・日本生態系協会の池谷奉文会長(70)が、 「福島の人は結婚しない方がいい」などと言ったことを「不適切だ」と訂正を求めた。

「栃木、埼玉、東京、神奈川も放射能雲通った。子供産むと大変なことになる」

   佐藤らによると、池谷は「内部被ばく、これがどうしようもないんでございまして、放射能雲が通ったのは福島ばかりじゃございませんで、栃木だとか埼玉、東京、神奈川あたり、だいたい2、3回通りましたよね。あそこにいた方々は、これから極力結婚しない方がいいだろうと」「結婚して子どもを生むと、奇形発生率がドーンとあがることになって、大変なことになるわけでございまして」などと話した。

意味わからない

   佐藤らは「わが耳を疑った」という。その場で発言の根拠の提示を求めたが、池谷は「放射線によるリスクにつきましては、医学書および雑誌等をご覧いただければよろしいかと思います」と答えたという。その後、池谷は「私はそのような発言はしておりません。事実に反する主張です」と発言そのものを否定し、新聞の取材に「被曝(ひばく)で遺伝子損傷と奇形児出産のリスクが高まることを訴えた。一般論として私の見解」と説明した。

   佐藤らの会見後に、池谷から「政策塾における私の発言について」という反論が公表された。しかし、佐藤らは「確かに私どもは聞いてますので、厳として(訂正を) 求めていきたい」「議員に講義するほどの人が発した言葉は重い」といっている。

   これについて、首都大学東京の大谷浩樹准教授は「科学的裏付けに基づいた発言とは思えません。生活圏の線量からすると、奇形が発生する放射線量ではありません」という。

複数の環境問題・自然保護法人で幹部兼任の獣医

   池谷は獣医で日本生態系協会のほか、公益社団法人・日本ナショナルトラスト協会、財団法人・埼玉県生態系保護協会など、環境保護活動の分野ではなかなかの肩書きをもつ著名人だ。

   司会の羽鳥慎一「なんでこんなこと言うのか、意味がわからない」

   藤巻幸夫(ライフスタイルプロデューサー)「無責任過ぎます」

   小松靖アナ「記録には残っていると…」

   羽鳥「言ってなければこんな話題にならない」

   池谷は今年で70歳。ということは、60年前の核実験時代に、福島よりはるかに高い線量の汚染の中にいたわけだ。それでも自分は結婚してるのかな。また、低線量の影響というのはいまだ未知の分野だというのも常識である。それを「医学書をみれば」だと、こんな程度の人が環境保護だと、とあらためて驚く。

   羽鳥「なんでこんなこと言うんだというのは問題外だからおいといて、実際はどうなのか、そんなことはないとちゃんと言っておかないといけない」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中