尖閣諸島調査あえて今やった石原都知事「政治的狙い」達成できたか?

印刷

   東京都の尖閣諸島調査がきのう2日(2012年9月)に行なわれた。といっても、政府は上陸を許可しなかったので、ゴムボートや漁船による海上からの調査だ。そのためか、確認された中身はなんとも他愛もないものだった。

「野生のヤギがいた」「流水と洞窟があった」だけで2500万円の都税!?

   調査団は都職員、不動産鑑定士、海洋生態学者など25人で、チャーターした海難救助船で午前5時ころ魚釣島の沖に到着した。さっそくゴムボートや小型漁船で周囲を調査――すなわち見て回った。魚釣島は平地が少ないと思われていたが、意外にある(見りゃわかる)。かつての船着き場は小型船ならいまも使える感じだ(接岸すればいいのに)。

タイミングとしては…

   北側に滝のような流水(標高が300メートルもあれば水は流れるわな)、南側に巨大な洞窟を発見。観光資源になる(こいつは面白そうだ)。野生のヤギもいて、駆除しないと自然が危ない(今頃何を…)。北小島、南小島に住居跡などを確認などなどだ。どれも、地元の漁師に聞けばもっとよくわかるだろうといった内容だ。「都が購入するための調査」とはいえ、この費用が2500万円なのだという。おまけに、不動産鑑定士だと? 島の値踏みなんてできるのか。

   そもそもが政治的なアクションだ。都がやる仕事とは思えないことに、石原知事が乗り出したら14億円の寄付が集まった。政府が長年これらの島を個人所有のままにしてきたというのもおかしな話で、政府は毎年何千万円という賃料を払ってきた。所有者の意向もよくわからない。

ネットでは「戦争がもうすぐ始まる」「老いぼれ(石原知事)を逮捕しろ」

   中国はたちまち反応した。中国国営テレビは「日本が釣魚島に違法調査を行った」と3分半にわたって伝えた。政府も「無効だ」と抗議はしたが、 全体としては「右翼(石原)の茶番劇。政府にプレッシャーを掛けるおそれがある」と抑えた見方だ。

   ただ、これは当然ネットにはねかえって、「戦争がもうすぐ始まる」「老いぼれ(石原知事)を逮捕しろ」という騒ぎ。その石原は「もう待てませんわ。漁民も守れないなんて」と政府を攻撃する。「10月には私も行く。上陸して逮捕されてやる」なんて言っている。

   司会の羽鳥慎一「タイミングでいうと中国には刺激的でしょうね」

   調査に専門委員として参加した海洋学者の山田吉彦氏は電話で、「(買収は)早くやらないといけない。漁船の衝突から2年、中国側の進出が止まらない」と話す。

   コメンテーターの石原良純(タレント)は「疑問の提起なんですよね。国境ははっきりしないといけない。資源の問題もある」

   青木理(ジャーナリスト)「政府が30年間何もしなかったのには理由がある。いま刺激する時かな」と懐疑的だ。当然だろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中