2019年 11月 20日 (水)

維新の会ついに民主抜いて2位「次の総選挙で投票するつもりの政党」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   共同通信の調査で、「次期衆院選で比例の投票先は?」という質問に、自民党22・2%、大阪維新の会17・6%、 民主党12・4%と、維新の会がついに民主を抜いた。政党化で国政進出があきらかになったことで、まずは選挙に弱い国会議員が、次いで既存政党までもが維新の周りを踊り始めた。

選挙公約「維新八策」に有権者はクール「半分は実現が難しい」「見極めないと」…

   維新の会は先週金曜日(2012年8月31日)、選挙の公約となる「維新八策」の最終版を発表した。「衆院定数の半減」「議員歳費・政党交付金の3割カット」「TPP参加」…。たしかに、できたらいいなというものが並ぶが、有権者は案外クールだ。

きょうは石原家ばかり

   「ホントにできるんならすごい」「半分は実現が難しいのでは」「口当たりのいいでたらめ。こんな人、信用しない」。また、政党、議員がすり寄っていることにも、「自分の選挙のためみたいな気がするけどね」「維新に乗っかろうというだけか、地方から中央を変えていこうというのか、見極めないと」

   岩井奉信・日大教授は「なーんだと…。概念的なものが多く、前の八策から進んでいない。選挙のためのものでもないし、(すり寄る議員への)踏み絵だと考えると現実的になった」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中