スギちゃん入院報告「浣腸で大量便。もう恥ずかしい事無くなったぜぇ」

印刷

   テレビ番組の収録中に胸椎を骨折して全治3か月と診断されたお笑いタレント・スギちゃん(39)が、病院での生活を9月3日(2012年)のブログで伝えている。

   最初は尿瓶を使うのが恥ずかしかったというが、「もう、今は、慣れてしまって、すっぽんぽんになってしてるぜぇ」と報告した。大便については座薬を入れておむつに出す予定だったがうまくいかず浣腸を使用し、「きたぁ、これは凄いウェーブが押し寄せてきたぁ横から漏れてくるんじゃないかと思うくらいの量が出たぜぇ」という。担当したヘルパーに感謝し、「もう恥ずかしい事が一切無くなったぜぇ また一つ大人になった気がするぜぇ」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中