2018年 7月 18日 (水)

出川哲朗「ドッキリに掛かりすぎて、普段から隠しカメラ探し」

印刷

   お笑いタレントの出川哲朗が9月3日(2012年)、テレビ番組のドッキリ企画を仕掛けられすぎて日常生活でも隠しカメラを探してしまうとブログに書いている。

   出川は芸能界一ドッキリに掛かった男と自負しているといい、「ドッキリに掛かりすぎて、感覚がマヒしている」と話す。飲み会に好みの女性がいたら必ず隠しカメラを探すし、コントに登場するようなヤクザ風の男性に声を掛けられたときは、ドッキリと確信してカメラを探していると「オメ~!人の話聞いてるのか!」と殴られた事もあったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中