出川哲朗「ドッキリに掛かりすぎて、普段から隠しカメラ探し」

印刷

   お笑いタレントの出川哲朗が9月3日(2012年)、テレビ番組のドッキリ企画を仕掛けられすぎて日常生活でも隠しカメラを探してしまうとブログに書いている。

   出川は芸能界一ドッキリに掛かった男と自負しているといい、「ドッキリに掛かりすぎて、感覚がマヒしている」と話す。飲み会に好みの女性がいたら必ず隠しカメラを探すし、コントに登場するようなヤクザ風の男性に声を掛けられたときは、ドッキリと確信してカメラを探していると「オメ~!人の話聞いてるのか!」と殴られた事もあったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中