原発避難「DASH村」いつ戻れるの?折に触れ「事故前映像」流して静かな抗議

印刷

「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ)2012年9月2日19時~

   1995年深夜枠でスタートして、98年4月から日曜ゴールデン枠へ進出し、今年17年目を迎えるバラエティ番組だ。名物企画「DASH村」が福島第1原発から約25キロの浪江町にあり、計画的避難区域になったことで、現在は「出張DASH村」なる企画で繋いでいる。
   この日の「出張DASH村」は城島茂と長瀬智也が山形県鶴岡市に行き、鶴岡砂丘メロンとだだ茶豆の収穫を手伝うものだった。網目のメロンは値段も張るが、砂丘メロンは1玉1000円。砂地で作ることで水を切りやすくし、甘みが凝縮されるなどメロン作りのノウハウを学ぶ。「収穫の目安は葉っぱが枯れていること」で、「葉っぱが枯れるのは実に栄養分が凝縮した証」だという。収穫後1週間ほど追熟させないと食べ頃にはならないなど、なかなかタメになる内容だった。
   8年前、DASH村でメロンのハウス栽培に挑戦した際のVTRも流れたが、あの頃のDASH村には戻れないんだなあ、とつい考えてしまう。番組では原発反対を声高に訴えることはないが、こうしてことあるごとにかつての緑豊かなDASH村の映像を流すことで、視聴者に何かを訴える効果はある。
   この日は「TOKIOが重大発表」とあり、番組終了かと慌てたが、そうではなくTOKIOが無人島を開拓する「DASH島」なる新企画始動の告知だった。TOKIOがついに島流しに…。 楽しみだ。

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中