ワールド・ベースボール一転参加!監督だれ?街の期待はオレ流の落合博満

印刷

   ワールド・ベースボール・クラッシック(WBC) への不参加を表明していたプロ野球選手会がきのう4日(2012年9月)、決定を撤回して一転参加を決めた。大会の収益配分の不合理を多少とも是正するメドがたったためだ。早くも関心は監督にだれになるのかに移っている。

アメリカ側丸儲けの利益分配は手付かず

   選手会が問題視していたのは、スポンサーの半分以上は日本の企業なのに、配分は大リーグ機構と大リーグ選手会が33%づつの66%、日本野球機構(NPB)は13%という点だった。これは、運営形態がサッカーのワールドカップなどと違って、実質は大リーグによる招待試合ということころからきている。

星野さんの声も

   NPBは昨年7月、オーナー会議で配分見直しを求めて交渉したが、大リーグ側は応じなかった。それでもNPBは日本代表チーム「侍ジャパン」のスポンサーを別扱いにすることを条件に参加を表明たが、根本改革を求める選手会が待ったをかけていた。選手会はこれを撤回し、選手会長の新井貴浩(阪神タイガース)は「代表の権利をほぼ確立できたと判断した」と話すが、仕組みは何も変わっていない。大リーグから読売新聞が買い取った日本での興行権、スポンサー料などをNPBが無償で手に入れたといういわば便法だ。

   新井は会見で「NPBが先頭に立つ問題なのに、コミッショナーは役割をはたしていない」と、加藤良三コミッショナーへの不満をはっきりと口にした。元駐米大使も形無しである。次の大会までにまだ波乱がありそうだ。

スポーツ紙の予想バラバラ―秋山幸二、山本浩二、山田久志、伊東勤…

   それはともかく、気の早いスポーツ紙は一斉に「監督はだれだ」。大会は来年3月だが、ペナントレースが終わってから始まる選手選考の前に監督を決めないといけない。日が迫っている。WBCは2006年の第1回が王貞治監督、09年の第2回が原辰徳監督で、ともに優勝を果たしている。3連覇なるかという監督だ。

   スポーツ隠しの予想はバラバラだった。スポーツニッポンは「秋山監督(ソフトバンク)」、スポーツ報知は「山本浩二(元広島)」、サンケイスポーツは「落合(元中日)が軸」、日刊スポーツは「侍監督は現役以外から」として、山本浩二、山田久志、伊東勤が並んだ。

   サッカー解説者の松木安太郎「これだけ分かれるのもすごい」(爆笑)

   司会の羽鳥慎一「街のインタビューでは、星野さんというのもある」

   宇治原史規(お笑いタレント)は「ボクはカープファンだから山本浩二さん」

   「モーニングバード!」が東京・水道橋と新橋で50人に聞いたところ、(5)野村克也4票、(4)秋山幸二5票、(3)星野仙一6票、(2)原辰徳13票ときて、さあ1位はだれか。 これが落合博満で15票だった。「世界にオレ流が通用するかどうか、見てみたいと」と小松靖アナも期待する。

   松木「いまチームを持っている人は大変でしょう」

   羽鳥「そう、原さんがいかに大変だったか」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中