スギちゃんにテレ朝あらためて謝罪「体張った企画の許容範囲検討」

印刷

   テレビ朝日の平城編成制作局長は5日(2012年9月)の「秋の番組改編」の説明会で、お笑いタレントのスギちゃん(39)が番組収録中に胸椎骨折の重傷を負った事故をあらためて謝罪した。平城局長は番組収録には細心の注意を払ってきたが、「結果として、杉山英司さん(スギちゃんの本名)にケガを負わせるという事態になってしまい、心よりお詫びするとともに、早い回復を祈っております」と述べた。

   スギちゃんはバラエティー番組の企画で、高さ10メートルからプールに飛び込み、着水に失敗して胸を強打した。平城局長は「芸人さんの体を張る企画はどこまでがテレビの許容範囲なのかを検討していく」と話した。テレビ朝日はスギちゃんへの補償を表明している。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中