原発汚染最終処分場の矢板!地元住民「あそこの断層で60年前に今市地震」

印刷

   福島第1原発事故の放射線物質で汚染された指定廃棄物(1キロ当たり8000ベクレル超)の最終候補地について、環境省はまず栃木県矢板市の国有林を提示した。番組リポーターの西村綾子が矢板市に出かけ、地元の人と候補地とされた国有林を見てきた。

環境省「場所的なスペースや地形面で条件クリア」

   矢板市塩田字大石久保国有林野。これが最終候補地の住所だ。4輪駆動で険しい林道を2キロ走り、さらに20分余り道なき道を上ると候補地といわれる窪地があった。山また山が折り重なった先に、矢板市の市街地が小さく見える。

ババ抜きのババ

   環境省はなぜここを選んだのか。西村が指定廃棄物対策チームの松田尚之課長補佐に電話で問い合わせると、返ってきた答えはこうだった。「場所的なスペースや地形面で処分場を建設する上で、より安全な処分場を建設できるのではと、われわれとしては考えました」

   環境省が最終処分場の候補地の条件としているのは、「必要な規模の国有地で地滑りや洪水の危険のない」「活断層に近接していない」「地下水の水源が近くにない」などだという。矢板市のの国有林はこの条件に当てはまるというのだが、地元住民は63年前の1949年のあった今市地震はこの国有林にある関谷断層が原因だったという。また、矢板市の近くを流れる荒川の水源になっていると指摘する。

「穏やかなこの地方に持ってくるなんて、絶対反対」(地区長)

   突然の候補地提示に矢板市の遠藤市長は「寝耳に水だ」と拒否を横光副大臣に伝えた。塩田行政区の小野崎俊行区長も「これまで、放射能汚染で皆さんどういう思いをしてきたか。それをまた穏やかなこの地方に持ってくる。そういう意味では絶対反対です」と話す。

   コメンテーターの本村健太郎(弁護士)「なぜこの土地が候補地にされたのか。安全なのか、活断層があるのかないのか、水源は大丈夫なのか、調査がちゃんと行われたのかなど、心配な部分がある」

   キャスターのテリー伊藤「今も指定廃棄物は仮設に置いたまま。こっちの方がもっと大変だ。頭を下げた説得していくしかない。反対だから次の候補地といっても、ババ抜きのババみたいになる」

   指定廃棄物の中には10万ベクレルの高濃度の放射性物質に汚染されたものもあるという。その半減期は120年。万一、何らかの事故が起きた場合、処理を子孫に任せるしかない。疑問が残る調査では拙速と言われても仕方がない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中