「マイコプラズマ肺炎」過去最悪の流行!風邪と思っていたら家族全員がバタバタ

印刷

   「歩く肺炎」といわれる「マイコプラズマ肺炎」が大流行の兆しを見せている。昨年(2011年)7月から冬まで猛威を振るい、今年はさらに勢いを増して過去最悪の状況にある。8月下旬で比較すると、昨年の1・5倍のペースだ。

風邪の症状とはここが違う

   マイコプラズマ肺炎に感染するとどんな症状が出るのか。昨年9月に感染して9日間入院した福田瑠さん(14歳)は「最初は軽い頭痛、翌日から40度の高熱の中で咳が止まりませんでした。咳で呼吸困難になって、頭がクラクラして歩けない。死ぬんじゃないかと思いました。薬は市販の物は全く効きませんでした」と話す。

   風邪と同様に発熱があるが、「鼻水やタンは少なく、風邪のような湿った咳でなく乾いた咳で、しかも止まりません」(札幌徳洲会病院の成田光成医長)。福田さんを診察・治療した日本医科大学の木田厚瑞教授はこう警告する。

「咳が出続けることで菌が他人にうつります。子供が学校など外から持ち込んだ菌が母親に、姉に、お父さんにと家族に広がり、お父さんは会社の同僚や部下にうつす。まさに歩く肺炎です」

   今年3月に夫婦と子供2人の家族が全員襲われ、所属する会社にも蔓延させてしまったプロレスラーの蝶野正洋さんは、「最初は家のエアコンを疑いました。次に会社の人間が次々と咳込んで止まらなくなりました」と話す。成田医長は「売薬では効きません。早めに病院でマクロライドという抗生物質の特効薬を処方すれば48時間で効きめが現れます」と解説する。

とにかくマスクで飛沫感染を防ぐ

   予防するにはどうしたらいいのか。「飛沫感染なので、感染していたら必ずマスクをしてください。また、受診した医師に伝えるべき事は2つあります。『タンが少なく乾いた咳が続いていること』『自分の近くに長期間咳が止まらない人がいる事』です」

   とにかくマスクをしてうつされないというのが唯一の予防法らしい。また、家族に感染者が出たら、別の部屋で寝るということも効果が期待できる。(8月31日放送)

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中