案の定!ヤングなでしこ惨敗―試合前のヘラヘラ余裕じゃなくありゃ油断

印刷

「FIFA U-20 女子ワールドカップ 2012・準決勝 日本×ドイツ~国立競技場」(フジテレビ) 2012年9月4日19時~

   予想通り惨敗試合であった。筆者はサッカーには素人だが、試合前から絶対負けるぞ、と予想していた。理由の1つは選手の誰かが「負ける気がしない」などと公言していたので、「そんなに甘くていいのか」と思ったからだ。しかも、国立競技場のピッチに出る前、ドイツ選手たちは引き締まった「いざ決戦!」という表情をしていたのに、日本人選手はみんながへらへら笑っていた。余裕と取れなくもないが筆者には油断と思えた。これでは勝つわけがない。
   近頃のメディアでもU‐20を甘やかし過ぎた。「なでしこジャパン」よりも「ヤングなでしこ」の方が美人が多いと持ち上げてチヤホヤしていた。子供に毛の生えたくらいのヤングの面々が、急に人気者になって己を見失うのは想像に難くない。両者ともバカか。
   中継のアナウンサー(男)と解説者(女)がまた酷かった。女解説者「1点取りたいですねえ」と言うと、男アナ「ああそうですか」だって。点を取りたいのはわかりきったこと、それが出来ないのは「実力がないから」とすかさず斬るのが解説者の務めだろう。後半では男アナが「今まで出来ていたことが何故出来ないんでしょう」だと。何故もくそもない、要するにパワー、スピード、ボール操作のテクニック、先を読む知力、などあらゆる点で未熟だったからだ。素人目にもドイツとヤングとは大人と子供ぐらいの隔たりがあった。司会者の1人で出ていた佐々木則夫監督の憮然たる顔が見物だっただけ。

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中