CM・バラエティー大音声で驚かせません!民放各局10月から新音量基準導入

印刷

   CMやお笑いバラエティーになった途端、テレビの音量が急に上がってビックリなんてことがあるだろう。とくに、デジタル放送になってからは、高音質を生かすために収録の「生感」を出そうとして、音のバラツキをそのまま流すから、この傾向が一層強くなった。逆に、ニュースや天気予報になると音量が下がって聞きにくいということも起こる。

   そこで、民放各局は10月1日(2012年)から音声レベルを国際基準に揃えることになった。「ラウドネスメーター」と呼ばれる新メーターで測定し、その数値を統一するのだ。NHKは来年春から全国一斉に導入する。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中