2018年 7月 23日 (月)

CM・バラエティー大音声で驚かせません!民放各局10月から新音量基準導入

印刷

   CMやお笑いバラエティーになった途端、テレビの音量が急に上がってビックリなんてことがあるだろう。とくに、デジタル放送になってからは、高音質を生かすために収録の「生感」を出そうとして、音のバラツキをそのまま流すから、この傾向が一層強くなった。逆に、ニュースや天気予報になると音量が下がって聞きにくいということも起こる。

   そこで、民放各局は10月1日(2012年)から音声レベルを国際基準に揃えることになった。「ラウドネスメーター」と呼ばれる新メーターで測定し、その数値を統一するのだ。NHKは来年春から全国一斉に導入する。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中