<桐島、部活やめるってよ>
神木隆之介しかいない!「イケてない」高校生―恥ずかしくて愛おしいあの頃

印刷
(C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社
(C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社

   「誰もが甘酸っぱい高校生活を送ったと思うなよ!」と宣戦布告したくなる元イケてない高校生にこそ、オススメしたい。物語の舞台となる高校は、所属部活で「イケてる」「イケてない」が大別され、その中でさらに「かっこいい」「ダサい」の格付けが行われる世界だ。

   神木龍之介演じる主人公・前田は映画部所属の高校2年生で、黒縁眼鏡にぶかぶかの制服を着た「イケてない」グループの代表格である。気の合う仲間と映画を撮り、語らい、それなりに楽しいけれど、教室では肩身が狭い。体育会系部活のほうが文化系より強く、同じ文化系内なら実績がある部活の方が偉い「教室ヒエラルキー」が一瞬でよみがえる。記憶をたどると「ああ」と誰もが思い当たるはずだ。懐かしくて、恥ずかしくて、愛おしい。

   全編を通して物語の中心には、姿の見えない「桐島」がいる。バレー部キャプテンで、学校一の美人を彼女にもつ彼は、イケてるグループの頂点に位置する。そいつが「部活をやめる」と言ったまま、すべての友達と連絡を絶った。親友だと思っていた男友達も、彼女も、部活の仲間も連絡を返してもらえない。

   外から見ると小さなひずみだけれど、高校という狭い世界では、そのひずみがひたすら大きくのしかかる。なんでも持っているように見えるアイツが「なんで?」「変なことしないでよ」「いい気味」。反応は様々だが、狭い世界はしっちゃかめっちゃかにかき乱される。

大人っぽく見せて幼い山本美月、美形なのに冴えない大後寿々花…いたいたそんな同級生

   神木龍之介の前田役は、観る前から「この人しかいない!」と確信していたのだけれど、その脇を固める俳優陣には良い意味で裏切られた。現役CanCamモデルの山本美月はOL風衣装のイメージが強かったのだけれど、まぎれもなく女子高生だった。綺麗で大人っぽいのに、マフラーのデザインや鞄につけた巨大なぬいぐるみが幼さを主張してくるのが限りなくリアルだ。本当は美形の大後寿々花が「イケてる軍団に憧れるさえない吹奏楽部員」という設定もウソみたいに似合っていた。見事なまでに、「もさっ」としている。

   そして、全編通して、橋本愛演じる「かすみ」が美しすぎる。イケてる女子グループの所属だけど、男しか興味ないタイプとは一線を画した物静かで部活でもエースをはるオトナ女子。サブカルにも興味があり、どこか憂いがある。実はイケてる男子グループで一番のお調子者と隠れて付き合っている(主導権は彼女)という設定も限りなく現実に近い。というか、「あれはウチの高校だけの現象じゃなかったのか!」と叫びたい。

原作者の朝井リョウ「高校生には勝てる気がしない」自分さらけ出せる強さ

   原作者の朝井リョウはエッセイ集で明らかにされた大学時代から察するに、間違いなく「イケてるリア充グループ」の所属なのだけれど、目線が徹底して「イケてないグループ」なのが良い。物語の冒頭で「できる奴はなんでもできる」と上から発言をぶっぱなしていた「イケてる男子」が、映画部・前田と絡むシーンで見せるピュアさや渇きは、高校生特有のまぶしさに満ち満ちている。

   閉塞感と充足感の間みたいな日々が戻ってきそうな錯覚に陥ります。ちなみに、そのエッセイ集で原作者が繰り返すのが「高校生には勝てる気がしない」という言葉。たしかに、劇中でもたくさん青臭くて格好悪いシーンはあるけれど、その弱さ、イタさ、情けなさをさらけ出している姿さえ愛おしいのが高校生という生き物なんだよね……勝てる気しないなぁ。

(ばんぶぅ)

   おススメ度☆☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中