『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』
ピース・綾部「超高級焼肉店で7万円の負け」熟女好きもサイコロにゃ弱い

印刷

   「ブラックマヨネーズ」の吉田敬と小杉竜一がゲストの芸人と本音をぶつけ合うトークバラエティーだが、この日は「アツアツっ!サイコロ運だ飯」の第3弾だった。超高級飲食店で注文するたびにサイコロをふり、「1」の目が出ればイチ抜け、最後まで「1」を出せなかった参加者が全員の飲食代分のサイコロを購入させられるというゲームだ。過去には高級すし店で小杉が7万2200円分のサイコロ(2330個)、マンボウやしろが5万5100円分(1781個)を購入させられている。

「1」が出たら勝ち!又吉「還暦は赤のイメージあるのになあ」

   銀座の超高級焼肉店「漢城軒」に集まったのは、オードリー・春日俊彰とピースの綾部祐二・又吉直樹だ。最近、若貴兄弟の母親・藤田紀子との30歳差交際が報じられたばかりの綾部に、吉田が「熟女好きやから黒いのばっか出しそう。赤(1)なんて絶対出ません!」とすかさずいじる。そこに「でも、還暦は赤のイメージもある」と又吉もかぶせて、まずはひと笑い。

   最初は余裕の5人だったが、厚切り上ハラミが1人前3700円、特上角切りタン3150円、黒毛和牛のシャトーブリアン5250円、オマール海老銀座焼8400円とあまりに高額なメニューにびっくり。ドケチの春日なんぞは開いた口がふさがりません。

   ところがです! その春日が1投目で早くも1をだし、これまで数々のオリジナル投法を繰り出してきた小杉も「木村拓哉のモノマネ投法」でイチ抜けし、吉田も続いて、2巡目にして残ったのはピースの2人となってしまった。

   追い詰められた綾部は「1年のうちに伊勢丹でキアヌ・リーブスとジュード・ロウに会った」という自らの運の強さをアピールし、又吉も「高円寺で風の強い日に倒れている自転車を立てているゾマホンさんを見た」となんじゃそりゃなエピソードを披露する。結果は、4巡目で又吉が1を出して綾部の敗北となったのだった。購入させられたサイコロは7万1013円分だった。(テレビ朝日系9月1日深夜2時)

バード

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中