JKT移籍の仲川&高城、インドネシア語で挨拶 「ちゃんと伝わったかな??」

印刷

   AKB48からインドネシア・ジャカルタを拠点に活動する「JKT48」への期間限定の移籍が決まった仲川遥香(20)と高城亜樹(20)が9月9日(2012年)グーグルプラス(Google+)を更新し、現地の様子を伝えている。2人のインドネシア訪問は、JKT48専用劇場のこけら落としにともなうもので、公演終盤にサプライズ出演した。

   仲川は

「楽しかったー!早くみんなと踊りたいなー♪みんなとっても優しかったー!仲良くなったよー♪」

と公演を満喫した様子。劇場前に寄せられたスタンドフラワーには、

「2つあって両方とも可愛かったです!テリマカシー!」

と「ありがとう」を意味するインドネシア語を交えて感謝をつづった。

   高城は、劇場ではやや緊張したようで、

「インドネシア語で挨拶したんだけど、ちゃんと伝わってたかな??」

と振り返っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中