維新の会「維新八策の大風呂敷」どこまで実現可能?勇ましすぎる政策

印刷

   真夏の暑さがこの9月(2012年)でも続いている地方が多いが、「朝ズバッ!」の季節は五輪一色から中韓一色を経て、国内政治・選挙へとめまぐるしく変わっている。

   けさ10日は民主、自民の党首選のニュースが降り続けたが、それらを押さえて「けさの顔」(朝イチのトップコーナー)に選ばれたのは、ご存知橋下大阪市長と維新の会だった。

3年前の衆院選挙でも…。政権交代後は壁にぶつかって次々頓挫

   もっとも、維新の会の国政進出は以前から事実上、決まっていてようなもの。この番組でも何度も取り上げられており、コメンテイターのコメントもすでに言い尽くされた感があって、まるで新味はない。けさのコメント傾向は、維新八策の大風呂敷、叩き売り、実現不可能性の指摘である。

議員半減できる?
  

   「本当に半分に減らせるんでしょうね!?」

   衆院議員半減に大いなる興味を持つみのもんたの質問に、柿﨑明二・共同通信社編集委員が答えた。「議員半減以外の年金方式の変更など、ほかの政策も大変な作業。(主張の)中身は勇ましいが、3年前にも(民主党は)衆院選まで勇ましくて、実際は壁にぶつかって進まないということがあった。それと維新はどういった違いがあるのか、見えてこない」(柿﨑)

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中