今度は梅宮アンナ「テレ東番組収録で大ケガ」で全治2か月

印刷

   テレビ東京の旅番組の収録中に、梅宮アンナ(40)が左膝内側側靱帯を損傷して全治2か月の大ケガを負った。6日(2012年9月)に山梨・河口湖でモーターボートに引かせて水面を滑るウエークボードの収録が行われ、梅宮はボードに立ち上がった直後に転倒した。そのとき「プチッ」と音がして、翌日になっても痛みが治まらないため検査を受けたところ、靱帯損傷とわかったという。手術の必要はなく、ギプスも数日でとれる。ギプス姿で現れた梅宮は「誰の責任でもなく、自分の運が悪かった。トイレや下着を履くときに靱帯を意識します」と語った。

   放送は22日の予定だが、梅宮の出演部分を放送するかどうかは検討中だ。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中