鉄拳 肺炎で入院「夏風邪かと思ってた。パラパラマンガ作成で忙しかった」

印刷

   お笑いタレントの鉄拳(40)が肺炎のため入院していたことがわかった。38度以上の熱が1週間以上続き夏風邪かと思っていたが、検診を受けたところ肺炎と診断されたと9月1日(2012年)のブログで伝えた。「ずっとパラパラマンガ作成で忙しかったから休めって事かな(笑)」と書いている。

   9月5日には退院して自宅療養になり、8日の検診では熱や肺の痛みは無くとも咳がでるため自宅で安静にしているように言われたという。入院中は「逆モヒカン」の髪型を隠すためバンダナをかぶり、マスクをしていたが看護師には気づかれ数人にサインもしたそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中