松下金融相自殺!明日発売の「週刊新潮」に女性スキャンダル

印刷

   現職大臣の自殺の報に関係者は一様に驚いた。松下忠洋金融・郵政民営化相(73=国民新党)がきのう10日(2012年9月)、東京都江東区の自宅マンションで首を吊っているのを妻が発見し病院に運ばれたが、死亡が確認された。室内には妻、野田首相、閣僚あての遺書があり、自殺とみられている。あす12日発売の「週刊新潮」に大臣の女性スキャンダルが掲載されるという情報があり、それとの関係が取り沙汰されている。勉強家で真面目といわれる大臣に何があったのか。

通常国会打ち上げでは乾杯の音頭

   野田は10日夕、予定されていた会議を挨拶だけで切り上げ駆けつけた。「いつもきびしい時に励ましてくれた。言葉もみつからない」と語り、国民新党の自見庄三郎代表は「7日に恒例の(通常国会閉会の)打ち上げをして、松下大臣に乾杯をしてもらった。本当に元気だった」といい、2人とも思いもかけない自殺に衝撃を受けた様子だった。

女性問題ぐらいで…

   松下は1993年の衆議院選に鹿児島2区(当時)から自民党公認で初当選するが、05年に郵政民営化法案に反対して落選。09年に国民新党から立候補して返り咲きを果たした。産業経済副大臣、復興副大臣を経て、12年6月から金融・郵政民営化相を務めていた。

   復興副大臣として被災地復興に尽力し、地元から信頼が厚かった。また、金融・郵政民営化相として、金融界の不詳事の再発防止や郵政民営化見直しにも意欲を見せていた。

相当ショッキングな内容か?

   今回の自殺について、政治評論家の有馬晴海氏は「今週発売の週刊誌で女性問題が出るという話があり、タイミング的にはそれが原因のひとつと考えられるのでしょうか」と語る。司会の小倉智昭は「就任まだ3か月。大変な勉強家といわれる大臣が女性のスキャンダルで自殺するだろうか」と首をかしげる。ゲストの時事通信の田﨑史郎解説委員も「そこは難しいんですが、本人にとって相当ショッキングなことだった可能性があります」というだけで、具体的な情報は持ち合わせていないようだ。

   アナウンサーの笠井信輔が松下の週末の動きを見ながら解説する。「8日の土曜日に地元の鹿児島に帰っていました。翌9日にかけてあいさつ回りやいろんなイベント出席にしています。ひとつ気になるのは、地元の神社の祭りに本人の強い希望で直前になって急に出席したことです。これが最後と思ったのかも知れません。事務所では選挙のポスター選びをやっていて、そのことからすると自殺を考えていたとは思えません」

   笠井は松下のホームページに書かれた松下の政治信条を紹介した。そこには「人の不幸の上に、自分の幸せを築いてはいけない」と書かれていた。笠井はそのことと今回の女性スキャンダルとのかかわりがあるのかもしれないと推測する。

   週刊新潮は「12日発売号で松下大臣に関する記事を報じているのは事実です。亡くなられたと聞いて驚いています。心よりお悔やみ申しあげます」とコメントを出した。しかし、その記事内容は明らかにしなかった。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中