自民総裁選乱立!党員・党友で優位の石破か、長老の受けいい石原か

印刷

   自民党総裁選への意欲を見せていた谷垣禎一総裁がきのう10日(2012年9月)、突然、出馬断念を表明した。「いつ判断したのか」と報道陣に聞かれ、「それは、あの…、ちょっと前です」と口ごもる。「自ら体当たりすると言っていたではないか」と突っ込まれると、「いやいや、ちょっと前ということはけさということです」と力なく答えた。

谷垣総裁の不出馬「古賀誠元幹事長、森喜朗元首相ら『あいつじゃダメだ』」

   それにしても、なぜ出馬を取りやめたのか。「あまりたくさんの方が出ると分からなくなってしまう。とくに、執行部の中から2人出るのはよくないだろう、このように考え決断をしました」

あまり変わってない

   この説明もよくわからないが、石原伸晃幹事長との間で1本化の調整ができず、古賀誠元幹事長、森喜朗元首相らベテラン議員が不支持を打ち出し、断念に追い込まれる形となった無念さのにじむ会見だった。

   自民党総裁選では、町村信孝元官房長官に続き、石破茂前政調会長も出馬を表明した。石原、安倍晋三元首相の立候補表明もきょう明日とみられ、林芳正政党会長代理も意欲を見せている。

   司会の小倉智昭「谷垣さんが断念した背景は何だったのですか」

   ゲストの時事通信の田﨑史郎解説委員「ひとつは勝ち目がなかったこと。もうひとつは長老たちが出るな、出るなと言ったことです」

   キャスターの菊川怜「なんで長老たちは出るなと言うのですか」

   田﨑「谷垣さんは自民党の再生をずっと言っていた。これは派閥からの脱却なんです。だから、派閥の親分クラスに全然相談してこなかった。それで、長老たちはあいつはダメだとなって、より言うことを聞く石原さんへということになった」

石原総裁で「古い自民党」復活―それで総選挙勝てるのか?

   小倉「ということは、自民党は結局あまり変わっていないということになりますか」

   田﨑「長老たちの支援を受けた石原さんが当選した場合は、当然、自民党は変わっていないねという話になります」

   小倉「世論調査では石破さんのポイントが高いんですが」

   田﨑「党員・党友票は石破さんが優位に立つとみられていますが、国会議員票では石原さんより劣るだろうといわれています。石破さんも長老の受けが悪い」

   国際ジャーナリストの竹田圭吾は「仮に総裁選で石原さんが勝ったとしても、長老の影が強く出た場合は総選挙を勝てるかどうか。自民党には相当厳しい風が吹くのではないか」と見る。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中