またタクシードライバーお手柄!産気づいた客の赤ちゃん車内で取り上げ

印刷

   タクシードライバーのお手柄が続いている。広島では連れ去り監禁された女児を危機一髪で救ったのに続いて、今度は車内で赤ちゃんを取り上げた。

「ヘソの緒外し抱きかかえたら泣き始めてくました」

   東京・多摩市の富田進運転手(45)に10日(2012年9月)、東京消防庁から感謝状が贈られた。1か月前の夜、客待ちしていた富田さんのタクシーにお腹の大きい女性客が病院の名前を言って、「すぐ生まれそうなので急いで下さい」と乗り込んだ。冨田さんはとばしたが、途中で女性が「運転手さんご免なさい。もうダメ。間に合わない。破水しちゃった」と告げた。まだ病院まで3キロほどある。車を止めて急いで救急車を呼び、富田さんが後部扉を開けると「もう生まれてしまっていた」という。

お手柄多い
「そのとき赤ちゃんは泣きもせず動きもなかった。赤ちゃんを見ると、首に何かが引っ掛かっているようなので、抱き上げてよく見るとヘソの緒でした。外してあげて、抱きかかえながら少し頭を下げてあげたら、弱々しそうな感じでしたけど少し泣いてくれました」

   赤ちゃんを抱きながら女性を励ましていると救急車が到着し母子は病院に搬送された。

普段から会社が心臓マッサージや人工呼吸など救急救命の講習

   富田さんが勤めるタクシー会社は、東京消防庁の「サポートCab」という制度に加盟していた。これは歩行が可能で緊急性がなく、救急車を呼ぶほどでない病気の客をサポートする制度で、富田さんは心臓マッサージや人工呼吸など、救急救命の講習を受け心得があった。

   表彰式には、無事に出産できた母親が赤ちゃんを抱いて訪れた。母親は「躊躇なく手を出してくれ、取り上げてくれたのでありがたかったです」と話した。富田さんは「可愛いですね。ちょっと涙が出そうになった。とにかく無事でよかったです」と語っていた。

   司会の加藤浩次が例によって軽い調子で、「タクシードライバーのお手柄が多いですね」というと、弁護士の菊池幸夫は「アッパレですね。ボクなんか見たら気絶しちゃいます」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中