三倉茉奈ベッドシーン「わりとリアルに描かれているかもしれません」

印刷

   三倉茉奈(26)が9月10日(2012年)、出演しているドラマ「赤い糸の女」(フジテレビ系月~金ひる1時半)で演じた初めてのベッドシーンについてブログで感想を語っている。

   第6話の放送があったこの日、「初めてのシーンでした。衝撃を受けた方、ショック受けた方、綺麗だって思って下さった方、なんだこんなもんかって方、色々だと思います」と言う。このドラマは人間の持つさまざまな欲や負の部分をテーマにしており、「わりとリアルに描かれているかもしれません」という。そのときの演技は「変に力むことなく、緊張することなく、唯美として、自然に、演じられました」と説明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中